7日間スラッガー養成プロジェクト

ついに本編!7日間プロジェクト

いよいよこの教材の本編ともいうべき第4章「あなたも7日で打てるようになる!スラッガー養成7日間プロジェクト」にたどり着きました。
レビュー5回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

この章では1日ごとに設定された課題テーマを克服してスイングを磨いていくという内容になっています。

 

 

早速1日目。テーマは「肩に力が入りすぎる」。

 

これは特に小学生に多い課題ですよね。

 

少年野球チームを指導する際の悩みでもありますが、ほとんどの子が肩の力が抜けていません。
肩に力が入ってしまっているため、バッティングの始動が遅れて振り遅れが頻発します。

 

でも、「肩の力を抜け」と言っても、ぜんぜん力が抜けないか、抜けすぎて気の抜けたスイングになってしまうかのどちらかなんですよね・・。

 

映像では前章同様に、野球経験者を実際に指導しながら課題の解決方法を説明していきます。

 

 

まず構えてみます。たしかに肩に力入ってます。
レビュー5回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 


ある方法で肩の力を抜く。
レビュー5回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 


あっさり改善。
レビュー5回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

画像ではまったく伝わらないと思いますが(すいません)、映像を見ると改善しているのがよくわかります。

 

 

 

2日目のテーマは「ボールを引きつけて打てない」。

 

レビュー5回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

これはドンピシャで私の課題です。

 

「もっとボールを引きつけて打て!!」

 

学生時代から耳にタコができるくらい言われました。

 

とは言え、なかなか難しいんですよね。タイミングを遅らせると速いボールに差し込まれるし・・。

 

長年の課題を解決するチャンスだと思いながら、食い入るように映像を見ていると、紹介されたのは誰にでもできるシンプルで簡単な解決法。(まさに誰でもできる練習方法ですが、私はこれが効果があるとは知りませんでした)

 

この方法で引きつけられるのか・・。

 

映像の視聴をいったん止めて、近くのバッティングセンターで早速実践してみましたが確かに引きつけて打つことができました。
正確に言うと、ポイントが少しキャッチャーよりに矯正されました。

 

確かにこの方法だと、”意識してタイミングを少し遅らせる”みたいなあいまいな感覚に頼ることがないので確実で効果的です。

 

この方法、早く知りたかった・・。

 

やっぱりプロにはノウハウが蓄積されているんだなと実感しました。

 

 

 

3日目以降のテーマはこんな感じです。

 

3日目「ステップしたときに体が開いてしまう」
4日目「前に突っ込んでしまう」
5日目「バットが下から出てしまう」
6日目「ドアスイングになってしまう」
7日目「バットがなかなか出てこない」

 

あまり中身について書いてしまうと教材販売者の方に怒られますのでテーマだけにしておきます。

 

7日目はメンタル面での話で、見落としがちですがこれも重要な話です。いくら練習でうまく打てるようになっても、試合で力を出せなかったら何にもなりませんからね。

 

 

そして本編最後の第5章の内容について。

 

第5章は「あっと驚く秘密の練習法」として、あまり知られていないプロでも取り入れられている独自の練習法が3つ紹介されています。

 

あくまでオマケといった内容ですが、家の中でも簡単にできる練習も紹介されているので、スキマ時間に少しトレーニングするにはちょうど良さそうです。

レビュー記事一覧


このページの先頭へ戻る