ピッチングスピードアッププログラム

ピッチングスピードアッププログラム

この「ピッチングスピードアッププログラム」は九州共立大というプロ野球選手を何人も送り込んでいる野球の強豪校でトレーニングを指導する森部昌弘氏が作ったトレーニングプログラムです。

 

 

 

この森部氏はプロ野球選手を含めた多数のアスリートを指導するプロのコンディショニングコーチです。
そのトレーニングのプロが野球のピッチング動作を徹底的に解析し、ピッチング能力を最大限に引き出すために開発したのがこの「ピッチングスピードアッププログラム」です。

 

 

前面に打ち出された「スピードアップ」はもちろん、多くのピッチャーが悩まされている「ケガの防止」にかなりの効果が期待できる内容です。

 

 

一方で、"変化球の投げ方"のようなピッチングスキルについては触れられていませんので、ピッチャーの身体作りではなくスキルについて知りたい方は他の教材の方が良いと思います。

 

「ピッチングスピードアッププログラム」の内容

 

教材はDVD2枚+各種資料です。

 

 

映像の中身はこちら↓

<本編>
第1章 肩甲骨の可動性改善と肩周りの筋力強化
第2章 脊柱の可動性改善と体幹部の筋力強化
第3章 股関節の可動性改善と股関節周りの筋力強化
第4章 統合された爆発的パワーの開発

 

<特典映像>
バッティングのトレーニング/パンチ力の強化
走力/ダッシュ力アップのトレーニング
守備範囲/横方向への動きを改善するトレーニング
プログラム実践者へのインタビュー
現役プロ投手を交えた野球座談会

 

本編の構成はざっくり言うと、

 

第1章から第3章で紹介されるトレーニングで「肩」「体幹」「下半身」を鍛え、

 

第4章で紹介されるトレーニングで各部位のパワーを統合して爆発させる

 

という内容です。

 

 

各章で紹介されるトレーニングはかなり濃密で、それぞれの部位をまさに徹底的に鍛え上げていく内容になっています。

 

全編に渡り、プログラム開発者の森部さんが出てきて説明・見本をしていますが、まさに"トレーニングマニア"という感じの人で、このプログラムも実によく練られています。

 

 

例えば、第1章の冒頭でピッチングに大切な「肩甲骨の動きを改善する」ためのトレーニングというのが出てくるのですが、肩甲骨の動きを改善するだけのためになんと4種類(!)のトレーニングが組まれています。

 

万事こんな感じの濃さです。本屋で売っているような書籍はもちろん、他のDVD教材も比べものにならないほどの濃密さです。
(ちなみに、4種類もある肩甲骨の動き改善ですが、全部やっても3分くらいで終わるので時間はそれほどかかりません)

 

 

トレーニング方法自体は子供でもできるようなシンプルなものばかりです。

 

野球経験の深さも関係ありませんので、初心者から経験豊富なプレイヤーまで効果があるプログラムです。

 

 

また、家でもできる内容も多いので、合間の時間や雨などで外で練習できない時のメニューとしても使えます。

 

私もトレーニングに組み込んでいますが、テレビ見ながらやっていることが一番多いですね。

 

 

「ピッチングスピードアッププログラム」の特徴

 

プログラム名にもつけられている「スピードアップ」はもちろん、プロのコンディショニングコーチが考案したプログラムなので「ケガをしない身体作り」ということも強く意識された内容になっています。

 

 

映像のあちこちで森部氏が語るピッチング動作のメカニズムや、なぜピッチャーが肩や肘や他の部位を故障してしまうのか、という話はかなりためになります。

 

 

プレイヤー本人だけでなく、(特に少年期の教え子・子供を持つ)指導者や保護者にもぜひ見ておいていただきたい内容ですね。

 

 

>>「ピッチングスピードアッププログラム」公式サイトはこちら<<

レビュー記事一覧


このページの先頭へ戻る