7日間スラッガー養成プロジェクト

第2章はコース・球種への対応

第2章は「スラッガー養成トレーニング コース・球種別対応編」です。

 

レビュー3回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

この章ではタイトル通り、内角・外角、高め・低め、速球・変化球それぞれの打ち方が説明されます。

 

人によって得意なコース・球種、苦手なコース・球種が違いますよね。

 

この章ではそれぞれのコース・球種について、スイングするときに意識することや体の使い方がかなり細かく解説されています。

 

内角の打ち方
レビュー3回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

外角の高めと低め
レビュー3回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

変化球の打ち方
レビュー3回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

 

※他のコース・球種についての指導もあります

 

 

比較的基礎的な内容ですが、バッティングの見直しにはなかなか使えます。

 

私も内角(特に高め)のストレートに苦手意識があり、スムーズにバットが出づらかったのですが、この映像で紹介されている内角のさばき方と、ストレートに対するタイミングの取り方を実践することで実際にバットをコースに出しやすくなりました。

 

初心者の方にも(というより初心者の人にこそ!)コース・球種別の打ち方の基本としてかなり参考になる内容です。

 

説明のポイントが明確なので私も子供たちの指導の参考にさせてもらってます。

 

 

また、この章の最後にある「大塚ベーシックポイント」というコーナーで苦手なコースを克服するための意識改革の仕方について解説があります。この解説も結構面白い内容で、苦手コースを克服するヒントが得られます。
レビュー3回目:7日間スラッガー養成プロジェクト

レビュー記事一覧


このページの先頭へ戻る